Free Dial 〒665-0816 宝塚市平井5-3-41 (スタジオミーシャ内) 0120-54-3148 アンケート
HOME 新着情報 でこぼこ通信
ブログ
お客様の声
写真 パンフレット
動画 レンタル衣装
DecoBoco ミニシアター
最新情報
第19回公演『 コッペリア 』 【 お客様の声 】 アップしました!第19回公演『 コッペリア 』 【 お客様の声 】 アップしました!

非表示

スタジオミーシャ

スタジオミーシャ

Ballet Studio Misia More

非表示

お問い合わせはこちらから

お問い合わせは
こちらから

カテゴリー

2021.03.29

【舞台レポート】

【舞台レポート】


友美
 「でこぼこ本公演のコッペリアまであ と2週間!さてさて、でこぼこ通信第 4弾を担当するのは……」
史織
 「でこぼこ本公演出演2回目の史織と …」
奈苗
 「初めまして!本公演初参加の奈苗で す!よろしくお願いします!」
友美
 「奈苗ちゃんが来てどれくらい経った んやろ?初めて会ったのが確か…」
奈苗
 「9月末くらいでしたね!だから半年 ちょっとです。クラスレッスンに混ぜてもらったのが初日でした!」
友美
 「早くも初めましてから半年が経ったのか!」
史織
 「半年か…早いなあ…。」
友美
 「ちょっと史織ちゃん!急に感慨深い顔になってるけど、どうしたん!?」
史織
 「本番や!ふぅ、終わった…けど次また本番!って繰り返していたら、気づ いたら半年たってたなと思って…。」
奈苗
 「わかります!!!次から次に舞台があるから、あっと言う間でしたね。」
友美
 「そうか、きっとそう感じるよね~。 半年で何個舞台あったっけ?えーっと まず10月に…」
奈苗
 「友美さん!!来て半年ちょっとの私が参加したり、リハーサルに同席した舞台の紹介してもいいですか!?」
友美
 「急にどうした!?」
奈苗
 「でこぼこってこんなに舞台多いんです、それをこなすメンバー、パワフル すぎる!って読者の皆さんにどうしても伝えたい!新入りのこの驚きを!」
史織
 「確かに。私も来て1年4ヶ月なので ベテランメンバーに比べると新人。まだまだ皆さんにびっくりさせられてばっかりですよ…」
友美
 「奈苗ちゃん、倖奈のこと“体力おばけ”って言ってたもんね。(笑)私たちにとっては普通なんやけど…。」
奈苗
 「断じて普通じゃないです!いつ見ても踊ってるし、しかもその踊りがいちいち、本当にハードなんですよ…もう人間じゃない。体力がおばけ級。倖奈さんに限らず、みんなが!!」
史織
 「本当にすごいです。じゃあ奈苗ちゃん、半年間の舞台、振り返ってみようか!」
奈苗
 「はい!新人2人が驚きっぱなしのでこぼこの舞台、レポートしていきましょう!!」
史織奈苗
 「それでは、スタート!





































史織

 「10月末、11、12、1、2月頭…約3ヶ月ちょっとで5個!?改めて振り返るとやっぱり盛沢山やったね!」
奈苗
 「5個!同時にいくつもの舞台のリハーサルをしていて、みんなパワフルすぎる!!それだけじゃなくて、リハーサルの中で作品についてみんなで考えたり、本番直前のキャスト変更があっても全員で乗り越えていて…」
史織
 「一つ一つの舞台に対してパワフル、そして作品創りに真剣!」
奈苗
 「そうです!それが言いたかった!!さすが史織さん!」
友美
 「ちょっと待った!足りひん!」
史織
 「!?何か舞台抜けていましたか?」
友美
 「抜けてる。事前準備を入念にして、衣裳を着て、本番を迎えたあの日のことが…。」
奈苗
 「ん!?なんでしたっけ…?」
友美
 「ミーシャの、クリスマス会やん!」
史織奈苗
 「あーーーー!!!」
史織
 「確か、ミニシアターの2日後とかでしたよね?」
友美
 「そうそう。ミーシャでは毎年スタジオでクリスマス会をしてるんやけど、今年はコロナのことを考えて、初めてYouTubeのライブ配信でクリスマス会してん!!」
奈苗
 「へぇ!!!ライブ配信って、確かに繋がるかどうかとか、事前準備が大変そうですね…。でも友美さん、今回の通信は『舞台レポート』ですよ!クリスマス会って舞台なんですか?」
友美
 「もー奈苗ちゃん。事前準備ってネットが繋がるかのテストのことだけやと思ってる?もう、全く違う!あれはれっきとした舞台やったんやから!」
史織
 「ん~?クリスマス会が…舞台?ですか?」
友美
 「2人とも、しっくりきてない!?ちょっと、説明するよりこの映像を見た方が早いわ!これを見よ!!」








奈苗
 「クリスマス会が舞台なの、意味わかりました。これだけやろうと思ったら、 そりゃあ沢山事前準備しないといけないし、当日はステージがいくつもあって、 テンポよく展開していかないといけないから普段の舞台より緊張しそう…(笑)」
史織
 「ね!!まず、オンラインでクリスマ ス会をやろう!ってなるのがすごくない?何としてでもやってやるぞ!みんなのため!って感じがする。」
奈苗
 「確かに。オンラインレッスン、オンライン会議、オンライン飲み会、いろんなオンラインが沢山増えているけど “オンラインクリスマス会”なんてエンターテイナー魂丸出しな言葉、初耳 です。(笑)」
史織
 「誰がオンラインでやろうって考えたんですか?」
友美
 「え…力先生やで。正直、このご時世やし出来ひんかなーってぼんやり思ってたんやけど先生が『よしやるぞ!』 って。」
奈苗
 「もう自分の中で開催決定していたんですね。(笑)さすがすぎますねぇ。」
友美
 「そうそう。で、それに引っ張って貰うように、私ら講師陣はそこから、何ができるかな?って考え始めたんよ。 考え始めたら、生徒たちはどうしたら楽しんでくれるかな~って、気づいたら大真面目にみんなで企画してたって感じ!」
史織
 「先生たちのその努力のおかげで、見てる、というか参加してる生徒ちゃんたち、絶対楽しかったはず!オンラインでも、超参加型でしたもんね。」
奈苗
 「ね!!家に電話がかかってくるかも !?自分の手作りカードやケーキが選 ばれるかも!?自分の応援している先 生がじゃんけんで勝てるかな!?とか わくわくしますよ~!!」
史織
 「クリスマス会も含めたこれまでの舞 台を振り返って改めて、でこぼこって お客様に楽しんで頂くためには?をと ことん追求しているし、なによりメン バーがそれを楽しんでいますよね!」
奈苗
 「クリスマス会に関しては、あんなに 楽しそうにじゃんけんする大人初めて 見ました。(笑)」
史織
 「観てるこっちが楽しいよね!」
友美
 「その通り!!でこぼこの持つ思いを ようやく知って貰えたようでなにより !いよいよ本公演が間近に迫ってるけ ど、2人とも最近はどう?」
史織
 「あと2週間ですね…!でこぼこのコ ッペリアは今回が初めてで、まだまだ 毎リハーサル発見があります。」
奈苗
 「あーもうすぐや!!私も初演なので わくわくがいっぱいです!!!と同時 にもう既にめちゃくちゃ緊張していま すが…。」
史織
 「私達ダブルキャストやで!頑張ろ! なにより、楽しみながら!!」
奈苗
 「はい!もう常に必死ですが!!(笑) 楽しみながら!!」
友美
 「2人とも、いい調子や!!あと2週 間、駆け抜けよう!!」
史織
 「よろしくお願いします!ではではみ なさま…」
史織奈苗
 「4月25日、いたみホールでお待ちし ております!!!!!」

2021.03.13

【 手放せないもの 】

【 手放せないもの 】
友美
「えりか、聞いて♪」
えりか
「何ですか??」
友美
「今回も、いいのが出来てん♪♪」
えりか
「何が??」
友美
「でこぼこ通信第3弾が♪♪♪」
えりか
「友美さん…、自分でハードル上げてますよ……」
友美
「あっ…………………」




友美
「えりか、聞いて聞いて!!」
えりか
「今度は何ですか?」
友美
「これはおめでたい話!!」
えりか
「んっ???」
友美
「じゃーん!!」



 

友美
「先日開催された、ヴィクトワールバレエコンペティションで子役出演する、くるみちゃんが3位受賞してん!」
えりか
「おぉぉぉぉ!!!」
友美
「優君に続き、夢が広がるわ~☆」
えりか
「完全に友バァバですやん。。。。」
友美
「いいやん♪だって、15回公演から、子役で出演してきんで!10回公演の時は、3歳??訳も分からず公演を観ていたんやろうな。」


※10回公演「眠れる森の美女」終演後、楽屋にて。抱っこされているのがくるみ。真ん中は優。

 

えりか
「わかった。わかった。(笑)」
友美
「えりか…、私のこのめんどくさがってない??」
えりか
「ん???? さっ!!友美さん、でこぼこ通信第3弾どうぞ!!! 」
友美
「もうっ」
 

凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹

 
でこぼこ通信第3弾 
「 手放せないもの 」
     or
「 すてられないもの 」

 
メンバーが、それぞれに昔から持っているもの、なんか捨てられないもの、変えられないものなどを、
出してもらいました!
 
じゃーん!!!!!

 







 































えりか
「ほうほう。なかなかの出来ですねぇ。」
友美
「えりか…、上から目線やん。」
えりか
「えっ??(笑)」
友美
「ええよ。ええよ。 さらに!もう一人紹介したい人がいるねん。」
えりか
「誰???」
友美
「じゃーーーん!!!!」


 

椎山一輝さん!!

まだでこぼこ通信で取り上げていないのが椎山さん!!

リハーサルに男性が合流し始め、「なんか、はまってることとかありますか?」
と、聞いてみたら、「うーーーーん。」と言いながら、【SAVAS】を飲みながら決めポーズをしてくれました。


照れ笑いも素敵です!

「一応飲み物気を付けて、プロテイン摂ってみてる。飲みやすいよ。ココア味がおすすめ。」と。

津村さんは、「あー、僕は、バナナ味派ですね。」と、参戦。



 

椎山「ゆうきは、《勉強》がやめられへんよなぁ。」
津村「あぁ、、、、」

     否定せぇーへんのかい!!(笑)

椎山「宅建士の資格取ったんやろ??」
津村「あー。はい。自粛中暇すぎて、勉強しましたね。」

 


友美
「えりか、なかなか味のあるイケメン君たちやろ。」
えりか
「優君のフランツに、この友人達…、女性ファンが増えそう。」
友美
「しかも、役どころが、面白いねん!これは、舞台をぜひ見てもらわないと!!」
えりか
「みなさん、お楽しみに!!!」


ということで、メンバーの一面を紹介致しました!!

チケットは好評発売中!!

 
先日、事務局にチケットを申し込みしてくださった方に
「どなたかのお知合いですか?」
と、尋ねると…

「直接の知り合いではないんですが…、優さんが通われている治療院の先生から彼の話を聞いて、ローザンヌの時にから見ているんです。彼の笑顔にファンになって、それから応援しているんです。で、舞台観てみたいな。と思っていたら、今回主役をされると聞いたので、これは!と思って電話させてもらったんです。」

と、嬉しいお話を聞きました。

 

懐かしい、ローザンヌ国際バレエコンクール。



 

いつも、楽しいそうでした。

セミファイナルが終わって、ファイナル進出が決まった時のインタビューを受ける様子。


緊張の中でインタビューに答える姿か?!
いやいや、もう少し緊張したら??
と突っ込みたくなる写真……。


この時、何話してたっけ?と改まめて聞いてみました!


「ぼくが言ったのは、

『バレエの世界、女子の方がレベルが高い、でも、男子の方が多くてその中にぼくも入れてもらえた。
だから、女子にも認めてもらえるように、男子やから決戦に行けたんやんっておもわれたく無い、だからがんばる』

って内容やってん。
けど、【女子にも認められたい】という部分だけが、【女子にモテたい】って、解釈された気がする。
多分、ぼくに、伝える力がなかったんやろうな…」

 
そんな優君が、今回主役デビューです!!!

みなさん、是非!!!!!応援に!!!!!!

見に来てください!!!!!!!!!!!!!

 

まだ、お座席あります!!
お電話お待ちしています♪

 

0797-82-2551






ページトップへ

かんぱにーでこぼこへのアクセス
カンパニーでこぼこ
阪急宝塚線「山本駅」から徒歩5分!かわいいバレリーナの看板が目印です♪

カンパニーでこぼこ
〒665-0816 宝塚市平井5-3-41
(スタジオミーシャ内)

宝塚Selection

「宝塚らしい」「宝塚ならでは」の
価値ある資源。宝塚ブランド
「モノ・コト・バ宝塚」として
選定されました。