Free Dial 〒665-0816 宝塚市平井5-3-41
(スタジオミーシャ内) 0120-54-3148
HOME 新着情報 でこぼこ通信
ブログ
お客様の声
写真 パンフレット
動画 レンタル衣装
DecoBoco ミニシアター
最新情報
8/22(土)18th「リーズの結婚」(延期)公演決定!!!  8/22(土)18th「リーズの結婚」(延期)公演決定!!!  

非表示

スタジオミーシャ

スタジオミーシャ

Ballet Studio Misia More

非表示

お問い合わせはこちらから

お問い合わせは
こちらから

カテゴリー

2014.03.01

『 この人って誰? 』

『 この人って誰? 』

『この人って誰?』



松田
  「みなさん!こんにちは。Web担当の松田です!
   さて、まだまだ寒い3月ですが皆様お元気です
   か??というのも…」
福井
  「はい!ちょっと前にメンバー内でインフルエン
   ザが流行ったんです。・・・どうもーー!福井
   です!」
松田
  「友美さんはスタジオに、ほとんどの時間居てま
   すが、かかってなかったですね!」
福井
  「そうなの!気合入れてたから、、かからなかっ
   た!!」
松田
  「あ、、その台詞…脇塚氏から聞くやつだ。」
福井
  「そう!!「インフルなんかにかかるのは、気合が
   足らんからや~!」って言ってるんですよね。」
松田
  「そんな脇塚氏も風邪っぽく て…って熱を測ったら、
   35度台だったそうです…(笑)いや~メンバー皆、
   本番前じゃなくてよかったですねー。読んでくだ
   さっている皆様もまだまだ寒暖差 がありますので、
   お気を付けくださいね!当日、元気にお会いできる
   ことを楽しみにしております!」
福井
  「えりかちゃん、、そろそろ本題いくよー!」
松田
  「はーい!今回は、、大きなカバンに、バレエ用品や
   ストレッチポールと共に野菜や果物が入っている…」
福井
  「ちっひー!!」
松田
  「はい!ちっひーこと、笠原千裕さん!それでは宜しく
   お願いします!どうぞーーーー!!!」


みなさーん、こんにちは!
でこぼこ通信第3号を担当します笠原千裕です。

でこぼこ女子最年長!
八百屋の看板娘(ム・ス・メですよー)!
荷物多いで賞!
落し物多いで賞!
我が強いで賞!
イケてない肩書き??いっぱいの笠原が今回お届けするのは…

はい!まずはこちらをご覧下さい!
 


そうです。第12回公演のフライヤーです。
まず左側の"カンカン娘"の方は、キュートな3人娘今中、松田、中山が。
そして右側の青い方は…
ババーンとアラベスクをしているバレリーナが(美しーい!!)。
そしてこんな言葉が。
「佐藤智美が伝えたいこと」
ふむふむ。
…………。

はて、「佐藤智美」さんって???ご存知ですか??
ご存知の方はかなりのバレエ通。
実は私たちでこぼこメンバーもどんな方かほとんど知らないのです。
ここに載っているということは、そしてこんなきれいなアラベスク
をしているということは、間違いなくバレリーナ。

ここに載っているということは、名前も載っているということは、
この公演に出演するダンサー……のはず。
佐藤智美さん、最近2年の間に2度ほどでこぼこに姿を見せています。
なので私たちメンバーは、名前は知っています。
そして姿も最低1度は見ています。
しかーし、踊ってるのは見たことがない。
どういう人なのか、どんな踊りをする人なのか…よくわかりません。
知っていると思われるのは古くからの友人であるという脇塚氏ただ
一人。

気になりません??

劇場で知らないダンサーが踊っていても、もちろん作品は楽しめます。
けれど、ちょっとでも事前情報があるともっと楽しめる!
例えば笠原が キャベツを持って踊ってたら、あーさすが八百屋の娘、
キャベツの扱いうまいわねー、とかね
(うーん、これはママリーナたちの方がうまいかな!?)。

そこで!佐藤智美さんとは一体どんな人なのか?を探ってみました。
果たして何が見えてくるのでしょうか?
それではいってみましょうーー!




はい!この人が佐藤智美さんです。
え??どの人が??
えーーっとですね、手前で座って何かを読んでいる人が、です。
ほっそりとしていて、静かなたたずまい。
……うーーん。これではよくわからない。もう少し姿がわかる
写真はないかしら。

 

ということで入手したのがこちら。


脇塚氏の隣の女性が佐藤智美さんです。お顔がはっきり見えました。
多分小柄。そしてかわいい系?
もう1枚。



前列真ん中が佐藤智美さん。両サイドはバレエスタジオミーシャの
小学生たち。その間にいてても顔ちっちゃーーい!ほそーーい!!

姿はなんとなくわかってきましたが、はて、どんな人か?
まではよくわからない…。
よし!プロフィールを見てみよう!何かわかるかも!

佐藤智美


名古屋市出身(現在の実家は長野県)
8歳よりバレエを始める

1992年

スイス・ローザンヌ国際バレエコンクール セミファイナリスト
オランダ・ハーグ・ロイヤルコンサヴァトリーへ3年間留学

※このオランダのバレエ学校で脇塚氏は智美さんと出会ったそうです。
 当時の印象は、「天才少女!!」。
 技術も表現力も素晴らしく、成績がトップだったので、
 学校公演ではいつもいいポジションで踊っていたそうです。
 そして、学校は違ったけれど、住んでいる街が同じだったので
 友達付き合いは続いていたとのこと。



1995年

8月 第8回こうべ全国洋舞コンクール ジュニア第1位受賞

※この1年前に脇塚氏は帰国。久々の再会だったそうです。
 バレエ学校を卒業し休み中だったので参加し、さらりと1位に。
 普通は翌年の入賞者エキシビジョンに参加するけれど、バレエ
 団入団が決まっていて忙しいからと辞退。
※笠原、友人の応援に行ってました!だから観ているはずなのだ
 けど…。記憶がないのです。まさか20年後に同じ舞台に立つな
 んて。
 実はこのコンクール毎年5月に開催されています。
 ところがこの年は1月に阪神大震災が。そのため劇場が使用でき
 なくなり、8月に別の劇場で開催されたのです。
 もし通年通り5月に開催されていたら?参加されていなかったか
 もしれませんね。

第5回アジアパシフィックバレエコンクール 入賞の1位、IBM賞受賞
ベルギー・ロイヤルフランダースバレエ団入団

1997年
第4回ルクセンブルク国際バレエコンクール 女性シニア第2位受賞

1998年
フランス・ボルドーのインターナショナル・クラシックダンス・
フォーメーションセンターでソリストとしてヨーロッパ各地及び中米
(メキシコ・キューバ・コロンビア)での公演に参加する

2000年
イギリス・スコットランドのスコティッシュバレエ団に入団

2003年
スコティッシュバレエ団 ソリストに昇格

2005年
スコティッシュバレエ団 プリンシパルに昇格

2008年
北京オリンピック記念公演に出演

2012年
ロンドンオリンピックの祭典に出演
英国の永住権を取得

 

約10年間、名門スコティッシュバレエ団で主役をされているそうです。
10代後半から現在までずーーーっとヨーロッパで活躍されています。
そりゃ日本で見る機会がないはずですね。

でも一つだけこんな記事がありました。
日本で一番メジャーなバレエ雑誌「DANCE MAGAZINE」の英国バレエ
特集の中で、英国で活躍する日本人プリンシパルの一人として紹介され
ています。



読んだ記憶は確かにあるのですが…。日本では知られてない人だなあ
と思っておりました。
ん??そういえば、95年以降の脇塚氏情報がない!
お付き合いは途絶えてしまったのでしょうか!?

というわけではなかったようです。

コンクール後数年間は手紙のやりとりを。
その後お互いに忙しくなり(脇塚氏はこの忙しい時代にカンパニー
でこぼこを立ち上げ、さらにさらに忙しい男となるのです!)、
本人同士のやりとりは途絶えてしまったけれども、智美さんの
お母様とはずっと年賀状のやりとりが続いていたのだそうです。
(今は海外の人とだってインターネットでリアルタイムにお話が
できちゃう時代。でもこういうつながりかたって素敵ですよね。)

ということは。
智美さんの今の踊ってる姿は本当に誰も見たことがないってこと!?
えーーっ。じゃあ誰に聞いてもどんなダンサーかわからない!?
若干振り出しに戻ってしまったような…。
いや。気を取り直して、この疑問に迫ってみます。


長らく連絡を取り合っていなかった方が今回の公演に
どんな経緯で出演されることになったのか?
2年前2012年の3月。でこぼこ「眠れる森の美女」公演
の直前に、なぜか突然智美さんからバレエスタジオミー
シャのメールフォームにメールが。
普段は7月8月が休みだけれど、4月が休みになって帰って
きたから行っていい?とのこと。

そして本当に現れたのです。
それからはちょくちょくメールのやりとりがあり、
昨年6月のワークショップが実現。
そして今年も4月が休みになったので、今回の出演が決まった。
ということなのです。しかも決まったのが今回のフライヤーを
そろそろ印刷するぞ、という時期なんだそうです。
…もし決まってなかったら…、このフライヤーの青い面は一体
どんなふうになる予定だったのでしょう??
なるほど。
たまたま出会って、たまたま再会して、たまたま休みが合って……。
たまたまたまたま…。うーーん。これは何か持ってる人??

あっ、あの写真!



実はこれがその2012年4月の第10回公演「眠れる森の美女」
の時のものなのです。
この時私たちは初めて目撃したのです。
本番の朝、舞台上でレッスン中の私たちの前に突然現れた女性。
気付いたメンバーは、「…誰?」
メンバーからの目撃情報のほとんどがこの時のもの。

見たことない人だなあ。
たぶん踊ってる人だなあ。
誰かの先生かなあ。いやー、でも朝から来ないよね。
うーんうーん、誰だろう?
誰か知ってる?
などと口には出さずとも、みんな内心そんなことを思いながら
レッスンしていたのでした。
この写真はそんなレッスン中のものなのです。
しかもこれ、誰が撮ったと思いますか?

なんと、公演の写真を撮っていたプロのカメラマンさん、
しかも撮影会社の社長さんだったのです!
公演後届いたアルバムに収まっていたこの写真を見て驚いた脇塚氏が
「彼女のこと知ってて撮ったんですか?」
と尋ねたところ、
「知らないけど、なんかいい感じだったから撮った。」と。
そうなんです。よーく見て下さい。
舞台上のダンサーではなく、智美さんのほうに焦点が当てられているんです。
ということは、「彼女を撮ろう」と思って撮ったということですよね。
後ろ姿なのに…やはり、主役級はオーラが違うのですね。
ちなみに後ろでレッスンをしているメンバーの中の、白いジャンパーに
ジャージが笠原だったりします。他のメンバーともども「一体誰だ??」
と気にかけている時です。
そして反対側からはカメラが向けられている。
両側からの視線を気にかけず(というふうに見える)、たたずんでいる姿
がポストカードにしたいくらい素敵な写真だなと思います。
その後脇塚氏から「佐藤智美さん。古い友達。」と紹介されたものの、
やっぱり「どういう人なんだろう??」という疑問は変わらずのままな
のでした。

そしてこの朝の登場後、ゲネプロ(本番前のリハーサル)を見て、
本番を見て、さらに打ち上げにも参加して、「みんなお疲れ様―、
頑張ってねー、さようなら!」とさわやかに去って行かれたのでした。

この日ゲネプロの時も客席におられたというのは今回メンバーに聞く
まで知りませんでした(いつも周りが見えてない私だけか??)。
そして打ち上げでは、とっても気さくにいろんな人とお話されてました。

この日の出演者が感じたこと、聞いてみました。

·  飾り気のない人だなあ。でもきちんとしてる。
 →すっぴん(多分)にスニーカー(これはありさちゃん(今中)情報。
  うーん、そこまでは見てなかった…。ありさちゃんはこのまま飛行機で
  来たのかなあと思ってたそうです。)
·  小さくてふわっとした感じ。
·  妖精みたい。
·  すごい存在感があるわけではないけれど、話しているとすごい人だなと感じた。
 その頃稽古していた踊りに対してのアドバイスをしてくれました。
·  打ち上げが終わり、さらっと去っていく姿がなんて違和感がない人なんだろう
 と思った。
 →私も思いました!みんなでてくてく駅へ向かう途中、あれ?今日初めて会っ
  たはずなのに、ずっと昔からいる人みたいだな。不思議な感じだな、でも
  なーんかしっくりくる感じ、と。

これがでこぼこ初登場なのでした。

そして2度目の登場は昨年6月。
バレエスタジオミーシャにてワークショップが開催されました。
残念ながら笠原受講できませんでした。


さきほどの写真はその時のものなのです。
受講した皆さんにその時の印象を聞いてみました。

·  とてもかわいらしいバレリーナ!
·  かわいい。
·  小さい。
·  小柄でかわいらしい。そしてエネルギッシュでした。
·  小さな体でもここまで大きく使える。素敵でした!
·  美しい人だなと思いました。
·  とても細くてスタイルも良くて、美しい人だと思いました。
·  体重を感じない。
·  まるで体重のない妖精みたい!
·  妖精みたい。
·  かわいらしく、妖精みたいな人でした。
·  年齢を感じない
·  一つ一つの動きがとても繊細
·  いつまでも見ていたい踊り
·  踊る役によって雰囲気がガラリと変わる。
·  最後のヴァリエーションレッスンでのエスメラルダ(2号の中山恵美子
 ちゃんの写真ご参照下さい。)かっこよすぎでした。
 日本人じゃない迫力、目力がありました。
·  レッスンでの見本が、音をかけた時に周りにキラキラオーラが見えて
 引き込まれました。
·  途中で振りを忘れて、あれ?なんだっけ?なんて言う様子も終始
 かわいかったです。
·  透明感があって、表現力のパワーがすごい!ヴァリエーションレッスン
 でのオーロラ姫とエスメラルダ、それぞれにパッと空気から変わってい
 くような感じでした。
·  見本を見せている時、指先から全てがきれいでした。
·  ずっと笑顔で表情一つ一つが綺麗でした。
·  「私もいつかあんな風に踊るぞ!」と強く思いました。憧れです。
·  教え方が「スポンジのように動く」「シェイクする」などの例えが
 とてもわかりやすかったです。
·  世界で活躍されている方なのに、少しも驕る所がなく、とても謙虚で
 かわいらしく素敵な女性でした。

……小柄で、軽くて、かわいらしくて、妖精のよう。そして表現力があって、
  エネルギッシュで、美しく謙虚なバレリーナ。
……素敵すぎじゃないですか!!
 私も受けたかったーーーっ!(朗報!今年の4月にもワークショップ開催
 されます!詳細はバレエスタジオミーシャwebで。今年こそ受けたい!!)

そして、なによりも一番すごいと思ったのが、ミーシャっ子たちに話を
聞いた時のこと。
「佐藤智美先生のこと覚えてる?」

「はいっっ(キラキラキラキラーー)(ニコニコーー)」


すっごく目を輝かせていたのです!!
もうその目を見ただけでも素敵な人なはず!と確信したのでした。


 



*web検索結果は使用環境により左右されますし、
 日々変化しております。
 検索結果は原稿執筆者の当時の環境で行ったものです。

さて、現代人っぽく、webで検索してみました。
まずは
「佐藤智美」 75800件!
でも同姓同名の漫画家さんがほとんどで、ご本人に該当する
ものはわずかでした。
「佐藤智美 バレエ」 だと3270件。
まずトップにきたのは…「バレエスタジオミーシャ、ワークショ
ップ情報」。宣伝というわけじゃなく、ほんとに出てくるんです。
そしてこれでもご本人情報はわずか。

一方
「tomomi sato ballet」 だと61100件!
そのうち100件以上が該当していました。

ちなみに…
「笠原千裕 バレエ」 は194件。
お、結構あるやーん、と思いきや、ほとんどがこのでこぼこ通信
に名前が出ていたのと、今まで出演してきた舞台の出演者リス
トがほとんどで、私自身をどなたかがダンサーとして紹介して
下さってるものは2、3件でした(トホホ)。
「chihiro kasahara ballet」 に至っては1件!

そして
「脇塚力 バレエ」 だと、なんと71600件!さすが!
長年日本で活躍しているダンサー!
「chikara wakizuka ballet」 は4件。
ということから、日本ではほとんど知られていない方だという
ことが改めてわかりました。

webで検索したら出てくる出てくる…公演評が山のように!
さきほどはプロフィールをさらっと書いちゃいましたけど、
スコティッシュバレエ団に入団されてからずっとクラッシック
作品からコンテンポラリー作品まで数々の主要な役を踊り続け
ていらっしゃって、数ある公演評に何度も出てくるワードがこちら。

·  小さい
·  繊細
·  技術力が高い、非の打ち所がない
·  表現が素晴らしい
·  エネルギッシュ
·  踊るために産まれてきたよう
·  チャーミング
·  鳥のように軽い
·  力強い
·  女性的な魅力
·  優雅 
·  妖精のよう  

……などなど。
技術力と表現力、力強さと繊細さ、妖精のようだけど女性的でもある。

あらら?
なんかさっき見ませんでした?
妖精、小さい、かわいい、エネルギッシュ、表現力…。
目撃情報で出てきた言葉です。
踊っている時も、踊ってない時も、指導している時もずーーっと
魅力的な人なの?
そしてどんなキャラクターでも踊れるってことでしょうか!?
ワークショップの時のオーロラ姫とエスメラルダの演じ分けく
らい屁でもなかったのか!?
すごくすごいぞ、というのはわかってきたけれど…。
うーーん、なんだかすごすぎて遠い存在になってきました。
あのお会いした時のふんわりした印象とどーしても結び付かない!!
他、Webだけでなく、新聞にも山のように取り上げられているあたり
がやはり本物?

そうだ!智美さんと唯一親交がある、古くからの友人だという脇塚氏
なら、彼女の人となりもきっと知っているに違いない!
そこで、ズバリ聞いてみました。

「智美さんとはどんな人ですか?」

·  もし図鑑に載ってるとしたら、ヒト科じゃなくてバレリーナ。
(えーーっ、人じゃないのー!?行動全てがバレリーナ?それって
 どんな人?あ、人じゃないのか。やっぱり妖精!?うーーむ。)
·  踊ることが全ての基準。たとえるなら、人間がバレエをするのは
 日本人が英語を話すようなもので、それに対してネイティブな感じ。
 必然的に踊ってるというか…、いちいち説明不要。不思議な感じ。
·  "be ballerina"。バレリーナであることが全ての基準。
·  自分の枠組みを作ったり不必要に飾ったりしない人。すごく自然体。
 だから自分で役を限定したりしない。どんな役も楽しんでいて、
 何にでも染まれるとても素直な人。
·  レッスンを教える時もすごく自然で、計算している感じがない。
 全部があたりまえで、無理をしている感じがしない。
 周りの人がみんなピュアになる感じ。
·  普通の人と同じように、この踊りはしんどかったー、とか弱音を
 吐いたりすることもあるけれども、……なんか違う。
 自分たちがしんどいーって言ってるような感じとはなんか違う。
·  全然計算がない。計算しようとする時は言ってくる。そこがおもろい。

………。

聞いているうちに、さらにさらに謎が深まってしまいました。
私も長年バレエに関わってきて、いつもバレリーナとして行動し
なさいと言われて育ち、自分でもバレリーナはこうあるべきと考
えて生きてきて…。でもそれってめちゃめちゃ枠組み作ってるん
じゃないかー!最初っからバレリーナである人とは全然違うんじ
ゃないかー!
生き方見直そう!って思いました。
という笠原の誓いは置いといて。

どうしましょう。
佐藤智美さんはこんな人です、というのをみなさんと分かち合う
のがこの号の目的だったのにぃー!。
なんとお伝えすればよいのかわからないのです。
とにかく。
確実に今までに会ったことのないタイプの人
ということだけは言えます。(わーんっ、これって私役目果たせてない!?)

 
と、困ってしまっているのですが、智美さんご本人にも質問に答えて
いただきました。何か見えるか!?


·  誕生日:10月31日(ハロウィーンガール(本人談))
 →率先して仮装しちゃったり!?イギリスではハロウィン盛大にやる
  んでしょうか??
·  血液型:B
 →ここでははーん○○なタイプね。なーんて思ったアナタ!
  血液型は4つしかないんですよ!そんなもんで人は分類できません!
·  身長:154センチ位
 →確かに小柄な方ですね。でも大丈夫です。
 でこぼこにはさらに小柄な福井が待っていますよー。
·  趣味:コマコマした物を作製する
 →コマコマ?どんなものかめっちゃ気になります。
·  休日の過ごし方:美味しいワインとかを楽しむ
 →あ、大人ーな感じきました!休日ってどこの国の言葉?っていう
  くらい常に動きっぱなしのでこぼこメンバーズからしたらなんか
  優雅でうらやましいです。
·  好きな色: 赤(あまり身につけないけれど)
 →好きな色は身に付けまくりたい笠原。ガッツいてるなあ…。
·  好きな言葉
 →正確じゃないんですが…

 楽観論者
 一歩前進して一歩後退することは不幸なことじゃない。
 チャチャを踊ってるようなもんさ。
 
 一日一歩三日で三歩、三歩進んで二歩さーがるー、のあの歌のような
 感じですかね。
·  好きな音楽またはアーティスト:その時々の気分出来着心地の良い音楽 
·  好きな季節:それぞれ良くて選べない 
·  山派ですか?海派ですか?:山
·  甘党ですか?辛党ですか?:両党
·  肉と魚どちらのほうが好きですか?: 海老、蟹、帆立、コールドミート
 →コールドミート?ローストビーフとかかな?
  こちらも肉魚両方ってことですよね。
·  朝ごはんは何を食べますか?:決まりはなく、お腹の空き具合に聞く
 →やっぱり自然体だあ。
·  子供のころ好きだったアニメはなんですか?: ハイジ
 →なんかハイジって感じしました。
·  たい焼きは頭から食べますか?しっぽから食べますか?:あんこの部分
 →真ん中からバクッといっちゃったり??
·  でこぼこメンバーへのメッセージ:お世話にお掛けします、
 よろしくお願いします。とても楽しみにしています!!!
·  お客様へのメッセージ:心の底からありがとうございます。
 カンパニーでこぼこをお見守りください。
 

ここから見えたこと。
とても自然体な方なんだな、ということ。でも…やっぱりつかめない
感じがします。つかまえようとしたらしゅるんと遠くにいっちゃった、
みたいな。

結論!!!


かなり、すごい人だと言う事はわかりました。
が、会ってみないとわからない!!!
そしてとっても会ってみたい人!!!
リハーサルに合流される日がとーーっても待ち遠しいです。
佐藤智美さんとの化学反応で新しいでこぼこが生まれるかも!?
そして。
劇場での本番は1回限り。
ということは。
みなさんが「佐藤智美さん」を目撃できるのは1回限りなのです。
とにかく見たことがない人が登場します!
ぜひ目撃者になって下さい!!!
今決定しているのは「グラズノフ組曲」と「Galloping Gachook」
ですが、いろんなことをしてみたいのだそうなので…、
思わぬ所で発見できるかもしれません。

さあ、劇場へGoですよ!GO!!!


 

松田
 「千裕さん、ありがとうございましたーーー!
  今回、でこぼこ初登場の佐藤智美さん特集でしたね!
  私も第10回公演「眠れる森の美女」の時に、舞台袖に
  いる姿を目撃していましたよー!」
福井
 「脇塚氏との繋がりから、今回こんな素敵なダンサー、
  佐藤さんと一緒に舞台に立てるのは本当に楽しみだね!」
松田
 「本当にそうですねー!帰国が待ち遠しいです!」
福井
 「今回はダブル"TOMOMI"ということで、、皆様、どちらの
  "TOMOMI"も宜しくお願い致しますー!」
松田
 「さて、では今日の一枚のコーナーに移りたいと思います!
  担当は、でこぼこメンバー美人ランキング第三位内には入
  るであろう、、、中嶋美晴さんです!」
福井
 「あろう、、って・・・えりかちゃんの気ままな独断ランキ
  ングやん!(笑)」
松田
 「ふふふ。いいんですよ・・・今までのWebでも松田の勝手
  きままに、、独断でお届けするのはありましたからねぇ…。
  ふふふ。」
福井
 「長くなりそうなので、美晴さーんお願いしま~す!」

 

今日の一枚


はーーーーーい!皆さんこんにちはー!!今回もやってきました、
皆さんお待ちかねのこのコーナー、そう!"今日の一枚"です。
今回担当いたしますのは、でこぼこ9年生の私、中嶋美晴で
ございます。イェーィ!!パフパフパフ~!
改めて数えてみてびっくり、いやーもう9年目ですかぁ。。。
これまで色んな事を学ばせてもらいましたねー。モチロン今も
学んでる最中なんですけどねっっ!!ん~でも、成長できてる
んでしょうか??(笑)
思い返せばこの9年間、あんなことやこんなことがあって…。
色んな方と出会い…いろんな役を踊らせて頂き……ブツブツ…


(ハッ!!)

そうじゃなくてー!!!
ごめんなさいー!"私の9年間"のコーナーになるところでした。(笑)
こちらはまた時期を見てお伝えすることとして…(ホンマに?)
今回は9年前に私が初めてカンパニーでこぼこメンバーとして
出演した、Vol.2『ジゼル』からとっておきの1枚をご紹介したい
と思います!
こちらです!じゃじゃーん!!!

 



 

『ギャァァァーーーー!!!』
そんな声が今にも聞こえてきそうな、1幕のジゼルの狂乱
のシーンです。
すごいでしょ!すごいでしょ、この迫力!!
ジゼルが剣を右に左にブンブン振り回すんですが、ジゼル
役の佑子さんすごい顔してるー!!
手前の子にそんな恨みでもあるのか!?なんて思ってしまい
ますよね。
後ろの青年なんか腰抜かしちゃってるし、友人を盾に逃げる
子もいるし。
『おいおいおい!危ないから止めろー!』
なんて思ってても、近づかせないオーラ全開にて完敗ですね。
いやー、怖い怖いっっ!!
狂乱してるシーンなので当然って言えば当然なんですけど、
リアルすぎです!それにしても佑子さん、どこで剣を振り
回す練習なんてしてたんでしょう?
この時リハーサルで使用させて頂いてたスタジオは今ほど
大きくなかったので、お家でブンブン練習してたりして。
外でやっちゃうと捕まりますからね、この顔。。。
それにしても私切られなくて良かったー。(ホッ)
切られちゃうとお話変わってしまうんですけどねー。(笑)

さてさて、ストーリーの流れを大切に、誰が見ても楽しめる
バレエを目指している我々カンパニーでこぼこ、既にご覧頂
いたことある方も今回初めてご覧いただく方も、リアリティ
ー溢れるお芝居にも是非注目してください!!
まだチケット購入をお悩みの方!
是非カンパニーでこぼこ事務局 
0797-82-2551 
へお電話を!!!!

 

 
松田
 「美晴さん、ありがとうございましたー!!!私はこの時
  出演していなかったのですが、、写真は結構見せてもら
  いました。迫力が半端なかったのと…若干怖かったです
  もん(笑)」
福井
 「このシーンね、大変だったの!佑子さんがね、人の間を
  かき分けて、それでね、ブンブン振り回すシーンだから
  ね、、、」
松田
 「ストーップ!!!気になる方は、当日のロビーでDVD
  なども販売しておりますので、、是非見てみてください
  ねー!」
福井
 「はい!毎回、でこぼこ公演はロビーにもこだわっている
  んです!DVDコーナー近くには、モニターもあり、今ま
  でのでこぼこ公演をピックアップした映像も流れている
  んですよー!是非見るだけでも構いませんので、お近く
  でご覧になってくださいねー!」
松田
 「ロビーといえば、、そうそう、先日スタジオに第12回の
  オリジナルTシャツが届きましたね!今回は色も絵も可愛
  くて、、、」
福井
 「えりかちゃんもストーップ!!!(笑)まもなく、また写真
  付きでご紹介するかも?!?ですよー!もしくは、当日の
  お楽しみにするために、内容だけ紹介しちゃうとか?!!
  とにかく、こちらも楽しみにしていてくださいね!」
松田
 「メンバーはTシャツが届いたら、キャッキャ大騒ぎでした
  よね!是非、気に入りましたらゲットしてくださいね!
  もれなく、メンバー全員とお揃いになります!(笑)」
福井
 「あ、ほんとだね!色々な紹介があると思いますので、
  皆様、次回のWebも待っていて下さい!」
松田
 「友美さーん…宜しくお願いしますねぇ~」
福井
 「う、うん。只今準備中ですので、待っていてくださいーー
  ーー!」
松田
 「それではまた近々…次回もお楽しみに!」
 

 


ページトップへ

かんぱにーでこぼこへのアクセス
カンパニーでこぼこ
阪急宝塚線「山本駅」から徒歩5分!かわいいバレリーナの看板が目印です♪

カンパニーでこぼこ
〒665-0816 宝塚市平井5-3-41
(スタジオミーシャ内)

宝塚Selection

「宝塚らしい」「宝塚ならでは」の
価値ある資源。宝塚ブランド
「モノ・コト・バ宝塚」として
選定されました。